1976.2.19-2.25

1976.2.19

テスト勉強は僕の心を奪う。なんにも書くことがない。僕の頭はテストのことばっかし。後は無無。

何でもボケて見える。虚ろだ。こんなつまんないことはない。これで人生無駄にしているもだ。これからもろくな日記をかけないと思った。技術で糸鋸でブックエンドを切った。怖かったが歯はおらずにすんだ。

 

1976.2.20

今日は体育があった。寒いけど一生懸命やった。真面目にやった。ああ気持ちがよい。こんなにも一日が価値あるものにあるので、これからも一生懸命やって一日一日を価値あるものにしたい。

どうもこのごろ試験勉強でやんなってしまう。そのうえ雨も降っているので余計いやになってしまう。つまらないけど面白いことがあるとそれがすごく光る。つまるときより光る。

 

1976.2.21

 今日町田へ参考書を買いに行った。有隣堂が一番あると思って行ったらNがいた。ぶらついていた。あいつはクソ英語を買って喜んでいた。僕は第2分野の参考書を買った。後で見たらすごーく面白くでヨダレがたれそうだった。

夕方お祖父ちゃんに民謡を吹き込んで再生してあげたらすごく喜んだ。とっても気持ち良い。なかなか眠れん。

 

1976.2.22

朝Sから電話がかかってきてまた例の言葉を口走った。もうやけくそで「だめになっちゃった〜」と理由も言わず切ってしまった。あとで母に怒られた。早く退団届けを出してしまわなければ、追っかけられて逃げるのも疲れた。

文鳥の巣箱のやつととっかえる。ばたばたする。ピーコ迷惑する。メスはすぐ入るがオスはなかなか入らない。母が「Kちゃんとお兄ちゃん」と騒いでいた。

 

1976.2.23

今日6時間目雨の中、体育でサッカーをやった。水たまりの中でやっているようなものだ。みんな珍しく張り切っていた。「水でどろんこになるぞ」と先生が言っても、「もう着替えてしまったんだからやろう」と誰かが言った。

そうしてどろまみれの45分間が始まる。水たまりにもろに入る者、水たまりで転ぶ者、手をくじく者、いろいろいた。シュートを僕は一回入れた、夜アームスの退団届を書く。

 

1976.2.24

この頃すごく勉強をしているのだが、どうもパッとしない。実に簡単な問題を間違えたり、計算間違いをしたりする。でもこれも3月までの辛抱だ。苦あれば楽ありだ。

それから今日Sに退団届けを出す。そしたら返事が帰ってきた。僕はここで一区切りついたと思った。これは正月よりもおおきい心の区切りだと思う。塾をやめたときはそんなようなものは一つもなかった。とにかく新しい気持ちで行きたい。

 

1976.2.25

やっぱりテストの前になるといらいらしてくよくよする。ふんこふんこしていたら、

「テストで悪い点とってもお兄ちゃんの値打ちはかわらない」と母が言っていた。

ぼくはそれを聞いて狭い箱のなかから出たような感じがした。

「これから精一杯のびのびと勉強をやろう」と思った。

Kちゃんは手の骨にひびが入り、当て木を当てて掃除のときに発狂していた。

 

2022.1.16-1.22

2022.1.16

 4時半起床。瞑想散歩車でクリニック雑用。9時半から湯快爽快に荷物置き里山公園方面15km走。まだ津波注意報。サウナ3クール。クリニック昼食。日記スライド作り。診断書。帰宅後夕食アジ干物。

 

2-1 Theo Croker / Blk2life// A Future

1-2 Bruno Mars, Anderson Paak & Silk Sonic / An Evening with Silk Sonic 

3-3 Little Simz / Sometimes I Might Be Introvert 

4-4 Terrace Martin / Drones

5-5 Makaya McCraven / Deciphering the Message 

10-6 Motohiro  Nakashima / Gathering the Light 

   -7 Machinone .wind letter

   -8 狭間美穂 / Imaginaly Visions 

7-6 Grouper / Shade

9-9 Cold Cut & Mixmaster Morris / @0

  -10 Cleo Sol / Mother 

 

2-1 なつやすみバンド / Neo Park

1-2 Chihei Hatakeyama / Void XXⅣ

3-3 Three Berry Icecram / Sunshine On My Mind 

4-4 Love the System / Nice Life

5-5 Sam Gendel / Ae-30

 

2022.1.17

4時半起床。瞑想散歩車でクリニック。診療。昼治験結果報告。箱庭2件。布置。帰っておでん。妻😺風呂へ。風呂なし。

 

2022.1.18

4時半起床。瞑想散歩車でクリニック。診療。昼銀行買い物。箱庭2件。帰っておでん。妻😺風呂へ。風呂なし。

 

2022.1.19

4時半起床。瞑想散歩車でクリニック。診療昼食。1時半から●リモート講義。湯快爽快から海まで10km。風呂入って帰るが冷える。眠れず。サウナ入り方間違える。

 

2022.1.20

4時半起床瞑想10km走。日記等。9時半から藤沢H1ケース。クリニック雑用昼食。2時からOたくさん。平塚スーパー銭湯やっておらず入浴なし。

 

2022.1.21

4時半起床瞑想散歩車でクリニック診療。昼銀行箱庭1件。帰ってカレー。風呂なし。

 

2022.1.22

4時半起床瞑想散歩車でクリニック診療。弁当忘れたので即帰る。昼食10km走。野田の湯常連ばかり。帰って鍋。

 

 

1976.2.12-2.18

1976.2.12

今日は5時間だったのでKくんの家の近くの鶴間公園に行ってきた。すごく寒い。風が冷たい。Iもいっしょだ。ひさしぶりにこどもになった。おおきくなるにつれて、子供になるのを人は忘れていく。だんだんに忘れていく。全くつまらないことだ。と同時に面白いことだ。でもやっぱり今のぼくにとってはつまらない。まるで野球の試合が雨でノーゲームになったみたいだ。体も寒いが帰るときは心も寒い。

 

1976.2.13

今日体育があった。Eさんは見学だ。なんでかというと機能鶴舞公園で自転車が凸凹にはいり腰を打ったのだ。しかし体育を見学すると点が下がるそうだ。僕はそういう学校のやり方に疑問を感じる。なぜ点をさげてしまうのだろう。腰をうったのは仕方がないことである。健康がその人の成績を決めてしまうなんて変なことだと思う。甘ったれかもしれないが僕はとにかくそう思った。

 

1976.2.14

明日からテスト勉強でながら勉強も出来ないので、ありったけながら勉強をした。しかしながら勉強はすごく疲れるが面白い。これからもやりたいと思う。また出欠をつけるのを忘れて怒られた。あんなものなんでつけるのかなあと思った。つまらしいことだ。わざわざはるばる遠いい職員室まで行って〇〇と書いてくる。つまらしい。

 

1976.2.15

今日はすごく温かい。朝早くIくんの家に行く。そいして戦いをやった。ボールが何度もよその家の庭に入ってしまった。10時頃「おれ町田に買い物にいかなくや」と言ったら「つきあってやる」と言った。I君は生活上のことでよく気がつく。大人になったらむしろKくんより立派になると思う。

中野のじじいが来て、お酒を4合飲んで酔っ払ってでっかい声を出して、僕はいじけた。

 

1976.2.16

今日ニッポン放送SONYディズククラッシュでは関係ない。

今日は剣道だった。形だけで帰ろうと思っていた。まず着替えて形をやった。どんなに寒くても、どんなに手が冷たくても、手に汗握るこういうふうにしているときの顔が一番かっこいいと思う。やっぱり形をやると剣道の稽古も身が入る。この頃相手が打とうとしているところが嫁、それを打とうとする一瞬前にうつようになった。

 

1976.2.17

今日はあたたかいのでストーヴはたかなかった。気分が良い。

放課後、校庭の大掃除をやらされた。ぼくとIくんははじめ真面目にやっていたが、そのうちだれてきてやらなかった。Kちゃんはまだやっている。Kちゃんの真面目にやらない姿を見たことがない。Kちゃんは3組の中で一番えらいと思う。それこそ模範少年眉毛マンだと思う。耳鳴りがするので早く寝る。母ぷんぷん。

 

1976.2.18

剣道の帰り僕は思う。3月からは僕の時代だ。UくんもKのもTもKくんもその他大勢も見ていろ俺の巻き返しを。きっとみんな驚くさ。4年以来の巻き返しだって、もう絶対に3月のチャンスを絶対に逃さない。しっかり掴んでおくんだ。まあ3月をまとう。幸福の3月を。おれはその時が一生で一番幸せになるのさ。みておれ、おれの先のやつ。

 

 

1976.2.5-2.11

1976.2.5

技術の時間Rが「雪だ」と言ったので、窓の外に目をやると雪だった。いつもは白い校舎の壁も今日は灰色だった。雪だけが目立とうときらきら光っていた。僕たちに、

「そんなに暗いところにいないでこっちにでてきなさい」

と言っている。きがついたときにはそとにいた。教室の中に雪を持ってきたら怒られた。

午後、お父様の自転車をとりにいった。つくし野に行ったら原町田だと言って怒られた。怒られても雪は降る。クイーン特集を録る。

 

1976.2.6

今日の学校は、先生の会議とやらで5時間で終わった。僕は競歩で帰った。

「ただいま」

どたばた

「行ってまいります」

ボロ自転車に乗り突っ走った。

「おー」

Iくんが待っていた。Iくんの土地を見に行くのだ。いい土地だった。しかし地盤が悪いようだった。ときは市議て僕たちはダイエーにいた。I君が

「1980全然FM入らないだろう」

なるほどそうだった。あっというまの一日だった。Kくんは相変わらず眠い。

 

1976.2.7

ぼくたち学級委員は今日をかぎりにやめることになった。議長は結局Tくんがなった。つまらしいけどほっとした。

素晴らしく早く帰って飯を食ってラジオを聴いた。1週間で一番良い1時だ。空の雲を見ながら聞く。いろいろなことを考える。おもしろい。こんなひとときをいつまでも保ちたいものだ。今の時代は僕のようにこういうひとときを持つ人が少ない。やだやだ。

 

1976.2.8

一日憂鬱な一日だった。今日一日だった。少年野球をやめるかやめないか、行くか行かないか、それとぴーぴーうんぬんのことだった。

一日勉強をした。面白くない。うつろな日曜日だった。1食抜いたが、とても腹が減っていらいらした。一日が暗かった。今年一番暗かった。手探りで物事をやった。今考えると遠い昔だ。昔なのだ。今ではない昔なのだ。暗い暗い昔なのだ。外は晴れ内は暗い。

 

1976.2.9

今日はいつもと同じようにテニスをやった。今やっているところもいずれは車がぶんぶん通ることだろう。この地殻にテニス場があればいいんだ。と考えるけどできそうにない。

あーあ、早く大学生になってアメリカに行きたいなあ。アメリカならテニスも盛んだし、こう家がごちゃごちゃしてないし。どこまでも続く広い草原で一日中走り回りたい。

もうこんなせまいラッシュ時の電車に載っていることはない。今すぎ降りて自由になりたい。

 

1976.2.10

馬鹿だよなー。みんな騒いでよー。馬鹿笑いしやがったよー。

下校時、Iくんが「こっちから帰る」と言って帰った。途中で小さな犬がいる。とてもなつっこい。チロとは比べ物になんない細よく走る。よく体が動く。チロも昔はこうだったなー。あのときはもう2度と帰ってこないのだなあと思った。時間は速い。すごく速い。今はその速さに驚いている。

 

1976.2.11

今日は大山に登った。伊勢原で降り、でっかいどしんとした大きな大山へ直進した。

バスを待っているとき、4人の僕くらいの男の子がいた。リュックがいやにでかいと思って覗いてみると無線機だった。あと2つくらい持っていた。登山服も靴も揃っている。ぼくなんかこの青い靴をやっと買ったのにと思った。僕は決して贅沢なんかしていないのだなあと思った。そして今が一番幸福なんだなあと思った。

 

1976.1.29-2.4

1976.1.29

今日は学校が早く終わったので、Iくんの家に行った。珍しく上がれよといった。母さんはいなかった。彼には妹と弟がいる。母さんがいない間面倒を見ているわけだ。母さんが近くで働いていても、面倒を見ていることに変わりない。そういう点はとても偉いと思った。彼がすごく貫禄があるように見えた。学校と家庭ではこうも違うものなのだ。すごく価値がある人間だと思う。

 

1976.1.30

この頃どうも寝不足だ。

いくら夜遅くまで勉強をやっていても、いくら朝早くテニスの練習をやっていても、その一日は、あまり価値がなく無駄な一日になってしまう。

みんなを笑わすこともできないし。他人が言っているユーモアもわからなかった。また風邪が流行り出したのか、Fと隣の動物園が休みだった。

放課後のテニスはいつものようにだれていた。しかしまじめにやるだけがテニスではないと思い、Iと2時間ぶっ通しで乱打をやっていた。

 

1976.1.31

長閑な土曜日だ。下校中Sと鳥の名前を言い合った。

「あ、あれはヒヨドリだ」

「あ、あれは赤バラだ。どんどん逃げていく」

「あれはなんだろう」

「雀だよ」

「あ、モズだ」

「尾っぽ振っている」

「この前、生贄になったカエルがミイラになてやーんの」

「あ、つぐみだ」

シジュウカラだ」

「カラスだ」

「コガラだ」

「鶏だ」

などと言いながら歩いていた。昨年より一段と鳥が増えた感じがした。

 

1976.2.1

今日はあまり眠くないのに寝坊してしまった。いつもは寝坊すると気分が悪いのに今日はそうでもなかった。12時頃から母と町田へ行った。途中母とはぐれてしまい、一時間も探し回った。こんなことは初めてだった。帰っとSONYの60分のを3本買って17本になった。それから世界の放送の本も買った。逸れたけどすごく面白かった。ダイエーにいなかったら帰ろうと思ってい歩いていたら「お兄ちゃーん」とでっかい声がしたので恥ずかしくなった。

 

1976.2.2

今日は何のために勉強するのかの作文について先生がおっしゃった。

「この中でKのが一番良くできている。今基礎英語をやっているんだと書いてある」

と言った。僕はびっくらした。あのぽけ〜っとしているやつが。勉強はあまりできないけれど、器用で運動神経がよく。じっくり一つのことを考える。そういう人が模範的少年だと僕は思う。

 

1976.2.3

昨日テニスができなかったので今日やった。やっぱりスカーっとする。朝一日の始まりにスカーっとするとその一日もスカーっとする。

やっと僕もスポーツや早起きの良さがわかってきたようだ。今まで僕は一つ損をしてきたような感じだ。

ふと振り返ると真っ赤な朝日が登る。今日一日で一番よい時は。あの時だと思う。毎日早起きするのが楽しみでたまらない。

 

1976.2.4

今日剣道で、進級審査のための形をやった。初めてなのでなかなかうまくいかない。何度も繰り返していくうちにやっとわかってきた。

僕は剣道を習い始めて初めての大きな山を登り始めているのだなあと思った。そう思うとファイトが湧き、勉強よりこっちをやったほうがいいやなどと思った。

今日は父の誕生日なので録音テープをとり再生していたら

「もういい」

とか言って全然聞いてくれなかった。ツマらしい。

2022.1.9-1.15

2022.1.9

4時半起床。瞑想、6時から30km LSD入浴、昼食。スズキ屋買い物。原稿。相撲見る。ミルフィーユ鍋。

 

4-1 Bruno Mars, Anderson Paak & Silk Sonic / An Evening with Silk Sonic 

5-2 Theo Croker / Blk2life// A Future

  -3 Little Simz / Sometimes I Might Be Introvert 

  -4 Terrace Martin / Drones

6-5 Makaya McCraven / Deciphering the Message 

7-6 Grouper / Shade

8-7 冥丁 / 古風2

1-8 Jon Hopkins / Music For Psychedelic Therapy

2-9 Cold Cut & Mixmaster Morris / @0

 -10 Motohiro  Nakashima / Gathering the Light 

 

1-1 Chihei Hatakeyama / Void XXⅣ

2-2 なつやすみバンド / Neo Park

3-3 Three Berry Icecram / Sunshine On My Mind 

4-4 Love the System / Nice Life

5-5 Sam Gendel / Ae-30

 

2022.1.10

5時起床。瞑想散歩日記。10時からzoomセミナー。昼前に少し喋る。PM CC。16時終了。10km走。20時半●先生反省会。原稿POして渡す。🐵成人式。

 

f:id:yodel08:20220110213407j:plain

 

2022.1.11

5時起床。瞑想朝食。車でクリニック。診療多い。昼食午睡箱庭二件。会計士。🐵帰る。最後の風呂。夕食抜き。

 

2022.1.12

4時起床。瞑想散歩咳出る。車クリニック診療。シズ中金両替。B2ケース。クリニック帰り雑用。能率上がらず。だるい。風呂工事始まる。市販抗原検査陰性。早めに寝る。

 

2022.1.13

4時起床。瞑想散歩。車でクリニック雑用。9時から生保監査。銀行雑用。13時半から就学委員会。クリニック戻り愉快爽快。帰って飯。咳止まる。

 

2022.1.14

4時起床。瞑想散歩朝食。車でクリニック。診療。昼T。遅れる。P M多い。箱庭1件。●で抗原検査陰性。風呂なし。ガソリン入れる。

 

2022.1.15

4時半起床。瞑想散歩朝食。車でクリニック診療。昼食。湯快爽快から10km Bまで走る。入浴。5時から整体。帰宅後ご飯。妻ワクチン接種でだるいと。夜中津波警報

1976.1.22-1.28

1976.1.22

全くこの頃のテニス部はだれている。まず着替え。着替えて校庭の端っこの日陰で寒いところへ行く。まだみんな来ていないので準備運動をする。みんなノロノロとくる。そしてネットを貼るのに30分かかる。そしてやっと張り終わりやる。ただ打つだけだ。1コートに5人も6人も入ってできると思っているのかね。全くだれていて少々腹が立った。

 

1976.1.23

炬燵の中でみかんを食べてゴロンとしていたら、母が何かの弾みで父の学生じだいの話をしてくれた。それによると父は、父のお父さんは息子に大学などの勉強するお金を出さなかったらしい。だから父は昼間働き夜になって定時制の学校に行っていたそうだ。

それに対して、伯父ちゃんは、大学を出てからも親の脛をかじって勉強していたらしい。この話を聞いて、いくら下品で行儀の悪い父でも、伯父よりはるかに尊敬できると思った。

 

1976.1.24

今日マラソン大会だった。僕は何も考えずこどもの国に行った。みんなジャージ姿で着ていた

僕は今日こそSを抜かそうと目標を立てた。

いよいよ一年男子の出発の番だ。僕の頭は空っぽだった。僕とKとSはほぼ同じくらいに走っていた。胸も腹も頭もどこも痛くなく苦しくもなかった。僕は楽に走った。下の方にみんながごちゃごちゃ集まっている。ラストだと思って急な坂道を下った。Sは前にいる。苦しくない痛くな。それなのに抜かせなかった。なんだか奴が不気味でならなかった。

 

1976.1.25

朝6時に起き、マラソン大会が終わったというのに、マラソンをした。そして帰ってきて朝食をとり、ついに足が秋葉原に向かって歩き始めた。ドキドキした。

秋葉原秋葉原〜」

耳に響く。ついについてしまった。しかし足は重かった。ついに買うのかと思うと今までの苦がばかばかしくてならない。1780は古いので1760を買った。295だった。あまり母がしらけ刺すので、気分がよいくなかった。

 

1976.1.26

放課後、H、K、Sと俺の家でスタジオ1760をいじくりまわした。やっぱり色々応用して幅広く使いたい。応用があるかないかで、カセットの有効な使い方無駄な使い方が出てくると思った。

夜は塾だった。この頃数学がすごく面白い。これなら何年もやっていけると思った。そして久方ぶりに自転車で行ったのでおもろい。

 

1976.1.27

今日も一日忙しかった。忙しいということは、僕はすごくいいことだと思う。僕は忙しい時に生きがいを感じる。そして今日はみんなからスタジオ1760のお褒めの言葉を頂戴してとても嬉しかった。さあ、明日もテニスだ。考えるより行動行動。とにかく動け。

 

1976.1.28

「礼」「さようなら」ガタガタガタ。帰りの礼が終わり机を下げ、清掃をしに散らばった。

僕たちは木造校舎の昇降口だ。

「Kちゃんまた閉じ込めようぜ」「よし」「Kちゃんちょっと来て」

ドタンバタン。

「開けろよ、開けろよ」

便所から喚いている。しばらくして「開けてやろうよ」

Kちゃんははんべそだ

ガラガラ「逃げろ」ドタバタ。しばらく鬼ごっこをしているとSに会い、

「Kちゃんカバンとっちゃたぜ」と言った。

Kちゃんは本気で怒っているのだ。僕は単なる遊びでやっていたのに。